東京オリンピックが始まる前に見たい【おすすめスポーツ映画】vol,1 ~世界にひとつの金メダル~【馬術/Equestrian】

https://amzn.to/3wZsDBK

子どもの頃から父の指導を受けて、馬術の障害飛越競技に打ち込んできたピエール・デュランはやがて、父の期待から逃れるように、競技から身を引き、都会でエリート弁護士として歩み出した。だが、キャリアを積めば積むほど、“ライダー”と呼ばれる競技選手になる夢を忘れられなくなり、安定した職を捨て、気性が荒く欠点だらけの若馬ジャップルーとともにオリンピックを目指すことに。数々の障害を乗り越え、彼らが目指す夢の着地点とは?

https://tsutaya.tsite.jp/news/movie/35923535/?sc_int=tsutaya_news_vingow-news

東京オリンピックももう間もなく開催。

日本人にとって、馬術競技はオリンピックの中でも少し地味?な競技なのであろう。日本人選手がメダルを勝ち取ったのは、1932年ロサンゼルス五輪まで遡る。

後に第二次世界大戦の1945年の激戦、硫黄島で散ることになる、「バロン西」こと、陸軍大佐【西竹一】氏以来獲得はない。

『障害飛越』にて金メダルを獲得したのだ。

世界にひとつの金メダル

製作年:2013年
上映時間:130分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:クリスチャン・デュゲイ
キャスト:ギヨーム・カネ、マリナ・ハンズ、ダニエル・オートゥイユ、ルー・ドゥ・ラージュ etc

評価 :4/5。

〈yahoo映画評価 3.9〉

主人公のデュランと小さな才能馬ジャップルーの物語

様々な挫折をしながらも、馬を愛し、競技を愛し

周囲の支えや期待に応えようとする主人公の姿がしっかり伝わってくる映画。

1984年ロサンゼルス五輪から1988年ソウル五輪を題材に

実際の当時のオリンピックを再現した映像は迫力満点。

馬術という競技の奥深さも併せて知ることができる。

オリンピックイヤーに見たい感動の映画となっている。

コメント